イメージ画像

愛人の存在への悩み

愛人の存在に悩む奥様は多い。御主人が我の強い人物ならば奥様の言葉も届かないことが殆どだろう。
如何に身内の将来を案じ良い主婦であっても「御主人の制御」が効かない家庭は多いのである。

愛人をつくる男性は「ある意味、成功者」であろう。
仕事・家庭・経済的余裕・時間的余裕・多種多彩な趣味など「考えられる人生の楽しみ」を全て経験し飽きたらず「男性としての存在意義」の象徴ともとれる「愛人」を自分の思うがままのかたちで生活させる。
過去の歴史を振り返っても「奥様以外の女性」を我がものにと考える男性の存在は事実として残っている。

成功者ならば「妻の心情」を考えなくても良いのか?

著者のような一般の生活を送る男性からすると考えも付かない状況や待遇で「愛人は生活」し御主人がやってくる時間を心待ちにし、 願わくば「奥様から奪い安心した生活を」と考える。
愛人の存在に気がつきながらも「妻である自分の立場」にあぐらをかいて「なるようになる」的な考え方は危険である。

愛人対策とは愛人の調査

熟年離婚が増加する現代では「子供達が自立した後の夫婦関係が最も重要」になってくる。

妻を大切にしない「家政婦」のような扱いをする御主人を放置し月日を重ねる事はリスクが伴う行為に思える。
こと「密かに愛人が存在」している御主人などは「妻との家庭に未練がない」傾向にある。
妻は「子供達が成長を補助する存在」くらいにしか考えていない男性が如何に多いかが熟年離婚増加から読み取れる事だろう。

こうした男性の考え方が「御主人に当てはまっている」とお考えになるならば愛人対策は現実的であり「奥様にも準備が必要」となるだろう。

考えられる「愛人対策」はいくつもあるだろう。身内に相談し「御主人の思い上がりにお灸をすえる」こともできるだろう。
将来的に最悪の事態である「離婚」を想定内に準備を進めることも必要である。
継続的に愛人が存在していた証拠を保持し「愛人の存在を認めない」行為に対策をとっておく事が重要であり最低限必要な「保身」である。

御主人と愛人は「離婚への筋書き」を都合良く思い描いているものである。
長年尽くした御主人が「手のひらを返す行為」をしない保障など何処にも存在しないのである。

愛人主導な考え方に変化してしまった「御主人はすでに他人」と考え対処する事が望ましいと考える。
場合によっては「探偵や興信所の調査」を利用し万全な準備をすることも一つの選択肢と言えるだろう。

このページの先頭へ